犬の社会化

犬は本来、生後3~14週齢位までの間に、親犬やきょうだい犬と密着した生活を送りながら、犬同士のコミュニケーション方法や生きていくためのスキルを学びます。また、この時期は警戒心が薄く、好奇心旺盛に身のまわりのものへ近づき確認し、多くの経験から身近なものが自分にとってどのような存在かといった社会的関係性を築いていきます。このように、生活圏のさまざまな事象に触れ、学び、あたりまえのこととして慣れ親しむことを「社会化」といい、この期間のことを「社会化期」といいます。充分に社会化された犬は、他の犬や人との関係づくりや見知らぬものへの適応性に優れ、ストレスに強くなります。

そしてこの社会化期が過ぎると、こんどは自己防衛や自立のために警戒心や恐怖心が芽生え、新しいものに親しみにくくなっていきます。社会化が充分に行われないまま成長すると、新しい経験や刺激に対して過敏になり、犬自身にストレスが多く、恐怖症、過剰な攻撃性や警戒心によって飼い主さんにとっても生活しにくい状況を招きます。

 

子犬にはこの短い社会化期の間に、できる限り多くの楽しく心地良い経験をさせてあげることが大切です。また、社会化期を過ぎてしまっても犬の社会化は一生続きます。飼い主さんが愛犬の心の状態や背景を理解し接していくことで、幼少期の社会化不足による苦手や恐怖心を和らげてあげることができると考えられています。

 

パピートレーニング

子犬が親元から離れ他者の手に渡る時期として、動物愛護法により現在8週齢(56日経過)以降と定められている理由は、生まれたばかりの子犬は犬の家族の中で、充分に社会化される必要があるからです。またその間にも、繁殖元(ブリーダーなど)は、人に触られること、人の生活環境や外の世界を経験させること、家族以外の犬や動物と触れ合うことなど、さまざまな刺激を与えることが望まれます。また、親犬や繁殖元に代わって保護者となる飼い主さんや販売元(ショップなど)へ行く8週齢以降にも、引き続き、人の社会に適応し生活しやすくするための適切な社会化を行ってあげることが、子犬の将来のためにとても重要です。保護施設などから子犬の譲渡を受ける場合も、同じことが言えます。

 

現在、​さまざまなルートから子犬を迎えることは可能ですが、繁殖元が犬についての知識が乏しかったり、流通など人の都合で親元を離れる時期が早すぎたり、買い手や譲渡先が見つからず隔離的な生活が長引くことによる、子犬の社会化不足が問題になることがあります。また子犬のワクチンプログラムが社会化期と重なり、外部との接触を制限する必要があることからも、社会化の機会が少ない子犬が多いのも現実です。子犬を迎えたいとお考えの時は、法令を守り、犬種や繁殖について専門的であることはもちろん、親犬との関係や子犬の飼育環境について明確に説明できる繁殖元・販売元・譲渡元を選び、迎えたその日から社会化に取り組みましょう。

パピートレーニングでは、子犬を家族に迎えてからの社会化サポートをメインに、健康管理、グルーミング、トイレトレーニング、遊び方や接し方、環境の整え方など、これから始まる犬との生活全般についてお伝えしていきます。どんな子をどこから迎えるか、どんな準備が必要かなど、ぜひお迎え前からもご相談ください。心身共に健康に成長し、誰からもかわいがられる子犬育てをお手伝いいたします。

 

基礎トレーニング

犬を家族に迎えたら、まずは教えてあげてほしいトレーニングとして、「おすわり」「まて」​「ふせ」「おいで」をお勧めしています。自己流とは少し違う、犬の学習パターンをふまえた練習方法で、効率よく、楽しみながらひとつひとつマスターしていきましょう。さらに、お留守番や車での移動、災害時の安全対策にもなる「クレート(ハウス)トレーニング」、お散歩の引っ張りを防ぎ人と一緒に安全に歩く「ヒールウォーク」など、日常的に役立つ新しい項目に挑戦したり、かわいいトリックの教え方へとステップアップしていきましょう。

 

また、「アイコンタクトをとる」「人の動きに注目する」「触られることを好む」といった、トレーニングに入る前の関係性づくりや、犬の感情表現のひとつであるボディランゲージの観察にも注力しています。このような、犬との生活に必要な基礎的知識やトレーニング方法を習得することは、愛犬を危険から守り、飼い主さんを悩ませる困った行動を未然に防止することにつながります。

​愛犬と一緒に行うトレーニングは、犬が新しい行動を覚えるだけでなく、犬への理解が深まることで相手を想った関わり方が自然に身に付き、犬に分かりやすく伝える方法を知ることができます。また犬にとっては、飼い主さんと行動を共にし、楽しい経験を共有することで信頼感や愛着が深まり、大きな充足感も得ることができます。日常にトレーニングを取り入れることは、犬との暮らしに必ず良い変化をもたらします。

 

お悩み対策

人や他の犬への咬みつきなどの攻撃行動、過剰な吠え、破壊行動、お散歩時の引っ張り、トイレの失敗や過剰なマーキング、異嗜(異食)、分離不安、脱走など、多くの飼い主さんがお悩みになる愛犬の困った行動、また、お手入れが嫌い、お散歩が嫌い、車酔いする、特定の場所や人、物、音など苦手なものにパニックになる、複数頭飼育でトラブルがあるなど、生活に支障をきたすさまざまな問題は、犬としての自然な行動であったり、社会化不足、人と暮らす中での学習によって起こっていることが多くあります。また、遺伝的素因や病気が原因のこともあります。

 

問題を解決するには、行動の原因を推測し、その原因を取り除く必要があります。まずは病的な原因がないか判断し排除されたうえで、普段の生活の中での原因と思われる要素の見直しと、基礎トレーニングや個々の問題に対する緩和・改善のためのトレーニングを行っていきます。

 

一生を人と暮らす犬にとっては、家庭の中に安心して過ごせる環境が確保されていることがとても重要です。飼い主さんが愛犬に信頼される関係性を築くこと、問題の原因を作らない環境づくり、適切な対処方法を実践することで、問題は解決されていきます。あきらめて放置せず、気になることは早めにご相談ください。

 

グルーミングレッスン

グルーミングを飼い主さんが行うことは、愛犬の健康状態を確認でき、楽しいコミュニケーションの時間にもなります。また安全な保定ができるようになり、いざというときに役立ちます。

 

グルーミングレッスンでは、体に触られることを心地良いものとして受け入れられるようにしていくこと、様々な道具やケア用品に慣らすこと、そして日常的に必要なブラッシング、爪切り、耳掃除や体の拭き取り、歯磨き、シャンプーなどの基本的なケアに、無理なく協力してもらえるよう、丁寧に練習していきます。

 

人の手によるグルーミングは自然界にはない出来事なので、犬にとっては受け入れがたいものになりがちです。ましてや無理に押さえつけたりして行えば、嫌悪感を芽生えさせ、ますます難しくなってしまいます。社会化期のパピーはもちろん、すでに苦手になってしまっていても、なるべく負担なくできるようにしてあげましょう。

 

「動物の5つの自由」

「動物の5つの自由(the five freedoms for animal)」をご存じですか?1960年代に英国で発案されたもので、人が管理するすべての動物たちに、その動物種らしく生きるための適切な環境を提供するべきという考え方です。

 

1、飢えや渇きからの自由 

  健康に生きるための適切な栄養が得られ、

  清潔な水がいつでも飲めているか。

 

2、不快からの自由

  温度・湿度、天候、音や光、不衛生さ、

  危険物などによって健康を損なう環境にないか。

 

3、痛み、負傷や病気からの自由

  必要な予防や治療を受けられ、

  不健康な状態を避けられているか。

 

4、本来の行動がとれる自由

  習性に応じた自然な行動ができる環境が与えられ

  守られているか。

 

5、恐怖や苦痛からの自由

  人や他の動物から恐怖や抑圧を与えられて

  いないか、虐待などを受けていないか。

  

 

現在でも世界中で知られペットにも当てはめて考えられており、環境省でも動物飼育の指標として提唱しています。守られて当然のことのように感じられますが、知らずに実行できずにいることもあります。一緒に暮らす犬たちの心身の健康を守り育てるために、基本的な飼育環境のバロメーターとして、常に心にとめておきたいものとなっています。

 

 

Ⓒ2016-2020 playground dog fun